背中

【ダンベルベントオーバーロー】背中の厚みを作ることのできるトレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】

【ダンベルベントオーバーロー】背中の厚みを作ることのできるトレーニングを筋トレのプロが徹底解説【動画あり】

背中の厚みを作ることのできるダンベルベントオーバーロー

(別名:ダンベルベントオーバーロウ、ダンベルベントオーバーローイングなど)

この記事では、筋トレのプロがダンベルベントオーバーローのやり方や注意点を徹底解説していきます

後半のほうには、ダンベルの紹介もしていますので、ぜひ最後までご覧ください

背中トレ | プロが選ぶダンベルだけで鍛えるおすすめメニュー5選!
背中トレ | プロが選ぶダンベルだけで鍛えるおすすめメニュー5選!

続きを見る

 

ダンベルベントオーバーローのやり方【動画あり】

ダンベルベントオーバーローの手順を簡単に文章で説明すると・・・

  1. 両手でダンベルを持つ
  2. 腰を曲げる
  3. 背中の収縮を意識してダンベルを引く

こんな感じですね

ただ動画の方が圧倒的に分かりやすいので、ぜひkatochan33さんの解説動画を観てみてください

参考になること間違いなしですよ!

 

インクラインベンチを使うのもおすすめ

上の山澤礼明さんと山本義徳先生の動画(07:13~)で、インクラインベンチを使ったベントオーバーローを解説されています

ベンチを使うことで腰への負担も弱まり、背中に集中しやすくなるので、特に初心者さんにおすすめですよ

 

ダンベルベントオーバーロウの3つの注意点

1.コントロールできない重さは扱わない

これはダンベルベントオーバーローに限った話ではないですが、自分がコントロールできない重量を扱ってしまうと、可動域を狭めたり、他の部位に効いたりしてしまいます

ダンベルベントオーバーローの例でいうと、リア(肩の後部)や上腕三頭筋ですね

こうなってしまうと、本来鍛えたい背中への刺激が弱まるので、しっかりと自分の扱える重量を確認しながらトレーニングしてみてください

 

2.背中の収縮を意識する

ダンベルを腕だけで引くと、上腕三頭筋に効きやすくなるので、背中の収縮を感じた後に腕で引くことを意識する必要があります

 

3.腰の怪我に注意する

フォームをしっかり固めるまでは、軽めの重量で腰に負担のかからないように注意しましょう

どうしても腰に効いてしまう場合は、インクラインベンチを利用するのもアリですね

 

ダンベルベントオーバーローイングのおすすめセット数・レップ数

レップ数&セット数

レップ数:8回~12回

セット数:3セット

筋肥大を狙うなら、上のようなレップ数が最適です

 

おすすめのダンベルを紹介

ダンベルベントオーバーローに必要不可欠なものがダンベルです

▼この記事では、おすすめのダンベルを紹介しているので、ダンベル選びで迷っているあなたはぜひ!

【可変式ダンベル】筋トレのプロがおすすめする人気ランキング
【可変式ダンベル】筋トレのプロがおすすめする人気ランキング10選

続きを見る

 

まとめ

以上が、ダンベルベントオーバーローの紹介でした

背中の厚みや僧帽筋のボコボコ感を作れるので、ぜひ取り入れてみてくださいね

-背中
-, ,

© 2021 ワークアウトジャーニー