トレーニンググッズ

懸垂バーTOP3 | 筋トレのプロが本気でおすすめを選んでみた

懸垂バーTOP3 | 筋トレのプロが本気でおすすめを選んでみた

(画像引用:https://kashi-kari.jp/)

「家で本格的に背中を鍛えたい」

そういうあなたにおすすめなのが、懸垂バー(別名:チンニングバー、チンニングスタンド)です

ただ懸垂バーといっても色々な種類があって、どれを選べば良いか分からない方も多いはず

そこでこのページでは、筋トレのプロが目的別におすすめする懸垂バーTOP3を紹介します

 

【目的別】懸垂スタンドおすすめランキングTOP3

ランキングTOP3

  1. ラック付きチンニングスタンド(ぶら下がり健康器)
  2. チン&ディップスジム
  3. ドアジム

 

1位:ラック付きチンニングスタンド(ぶら下がり健康器)

耐荷重:約180kg

私がホームトレーニングで愛用している、ラック付きチンニングスタンド

見た目が非常にシンプルな分、作りはしっかりしているので、荷重しても99%の方は問題なく利用できます

それにラックがついているので、バーベルにも対応できます

ダイエットや健康維持したい方、筋トレ初心者さんにおすすめです!

見た目的にチンニングスタンド感も薄いので、筋トレしていないときは洗濯物をかけたりしても違和感ないですよ

 

2位:チン&ディップスジム

耐荷重:約120kg

よくジムにも置いてあるチン&ディップスジム

  • チンニング(懸垂)
  • ディップス(胸・上腕三頭筋)
  • レッグレイズ(腹筋)
  • プッシュアップ(胸)

など、上半身を満遍なく鍛えることができます

機能的には最高ですが、サイズが大きめなので、スペースに余裕のある方はぜひ!

 

3位:ドアジム

耐荷重:約150kg

3000円前後で懸垂を自宅ですることのできるドアジム

場所を取らないというメリットはありますが、賃貸の方は取り付けが難しいというデメリットも・・・

安定性にも欠けるので、個人的には上2つを使うことをおすすめします

 

懸垂バーのまとめ

こんな方におすすめ

  • ダイエットや健康維持をしたい or バーベルを使いたい方はラック付きチンニングスタンド
  • 本気で筋肉をつけたい方はチン&ディップスジム
  • とにかく費用を抑えて自宅で懸垂をしたい方はドアジム

特に1位で紹介したラック付きチンニングスタンドは、揺れもなく安定感抜群な最高の懸垂スタンドです

迷っていても筋肉は成長しないので、サクッと買ってガッツリ鍛えていきましょう!

-トレーニンググッズ
-,

© 2021 ワークアウトジャーニー